下腹部に激痛!救急車で運ばれて緊急手術! - 元うつ病・櫻子の「うつ&不眠」レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

下腹部に激痛!救急車で運ばれて緊急手術!

2dfaaa3adf1e43fced5d2cba8eda1388_s

3月12日のお昼すぎから、下腹部に激痛が走り、救急車で運ばれて、その日のうちに緊急手術となりました。

女性なら誰でもなりうる病気だったのです。

そう、卵巣の病気です。


▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2~3日前から右側の腰が筋肉痛のような鈍い痛みが続いていた

救急車で運ばれる2~3日前から筋肉痛のような鈍い痛みと右下腹部のピリッとするような下腹部痛がありました。

元々、生理痛が重かった私は、食事療法や鎮痛剤で痛みなどを上手くコントロールできていました。

生理中ではなかったし、排卵日にもちょっとした下腹部痛があるので、それだとばかり思っていました。

でも、全く違っていたのです。

そもそも何故筋肉痛だと思っていたのかというと…ダイソンのハンディ掃除機を購入したばかりで、あれって意外と重かったんですよね。

チカラのない私がダイソンの掃除機を使ったことで筋肉痛になったのだなぁぐらいにしか思っていませんでした。

全くの検討違いだったのですが…。

我慢できない下腹部痛に襲われる

早朝から痛みはありましたが、我慢ができるほどでした。

ただ、お昼ごろから冷や汗が止まらなくなり、とうとう右下腹部に激痛が!!

右下腹部の激痛のため、盲腸かもしれない!ということで近所の内科に飛び込もうと考えていました。

まだこの時点では、自分で動くことができたのです。

(そもそも近所の内科に飛び込もうと思っていた時点で結構軽く考えていました。)

近所の内科の診療開始時間を待つ間に、さらに激痛が倍率ドン!!痛みがドンドン!!!

立てない、息ができない!体制を変えることすらできない痛みに変わっていきました。

部屋で動けなくなった私を見て、両親が救急車を呼ぶ

両親はうめき声しか出せなくなった私を見て、自分たちで車で運ぶのではなく、救急車を呼ぶという判断をしました。

のちにこの判断は、物凄く正しかったのだと医者から言われました。

両親には感謝してもしきれません。

救急車を呼んだ!という声を聞いた瞬間、私は「やっと痛みから開放される!!」と嬉しかったほどです。

ただ、待っている時ほど時間は長く感じられました。

救急車がやっと到着し、自分でタンカに乗れないので運んでもらうのですが、そのちょっとした振動でさえも激痛が酷くなりました。

受け入れ病院先に断られる

救急車に乗り込んだら、すぐに病院へ出発するのだと思っていたら、まずは病院に確認の電話をするんですね。

1つ目の病院には、ベッドがいっぱいだと断られました

その瞬間

「なんでぇええええええー」

と叫んでしまいましたよ!!!本当に!!

次の病院に電話をして確認するのですが、とにかくその待っている時間も激痛に耐えなければいけないので、本当に地獄のようでした。

やっと受け入れ先の病院が決まり、救急車が出発し、病院の救急外来に搬入されることになりました。

続きはこちらから。⇒下腹部痛の原因は卵巣にあった!とうとう緊急手術!

関連記事

ここまで読んでくれてありがとうございます。
どちらか1つクリックしてね!もちろん、2つクリックしても大丈夫!
あなたの応援クリックが私の更新の活動源です!

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
ランキング4
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございました!
質問・感想・お問い合せはお気軽にこちらからどうぞ。
お便り待っています☆
櫻子へメールする
原則24時間以内にお返事いたします。
相互リンクも募集中です!
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。