不眠(睡眠障害)はうつ病の代表的な症状 - 元うつ病・櫻子の「うつ&不眠」レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

不眠(睡眠障害)はうつ病の代表的な症状

眠る猫

うつ病になると、健康の維持に不可欠な睡眠に障害が現れます。

眠りたいのに眠れない「不眠」は、うつ病では必ずといってよいほど現れる症状の1つです。

今日は、うつ病の不眠睡眠障害)について掘り下げてお話したいと思います。


▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

不眠症の3割はうつ病が原因といわれている

睡眠は日常生活のリズムのなかで基本となるものです。

睡眠によって、その日消耗した体力を養い、精神的にも休息をとることで活力を得て、翌日には集中力や意欲を取り戻して、いきいきと活動することができます。

ときには、心配事などにより、安眠できずに、睡眠不足になることは誰にでも経験のあることだと思います。

しかし、何日も十分な睡眠がとれず、物事に集中できない、頭が重く考えが前に進まないなど、日常生活に支障をきたす不眠になると、治療が求められる睡眠障害で受診が必要です。

不眠うつ病となると必ず起こるといってよいほどの代表的な症状です。

ほかの症状が目立たない場合でも、うつ病になると不眠が現れます。不眠を訴えて病院を訪れても、「単なる不眠」と診断されて、「睡眠薬」のみが処方されることがあります。

適切な治療を受けることができないと、うつ病が慢性化したり、悪化したりして、ときには自殺などの不幸な事態を招きかねません。

実際に、不眠を訴えて病院を訪れるおよそ3割がうつ病による睡眠障害という報告もあります。

不眠には4つのタイプがある

うつ病になると、自覚的な不眠を感じるようになります。

しかも、不眠はうつ病の重症度に比例する傾向があり、ひどくなると2~3時間程度の短時間しか眠ることができず、眠りも浅くなります。

不眠は診断部類では「睡眠障害」に含まれます。

なかなか寝付くことが出来ない「入眠困難」、夜中に何度も起きてしまう「中途覚醒」、睡眠が維持できず早く起きてしまう「早朝覚醒」、ぐっすり眠れない「熟眠障害」の4つタイプがあります。

私の場合は、入眠困難と熟眠障害がありました。睡眠薬を飲んでも改善が見られず、根本的な栄養素(ホルモン)を補おうとサプリメントを摂取したところ睡眠障害は解消されました!⇒セロトニンサプリ「リラクミン」レビュー、不安と不眠を解消!

関連記事

ここまで読んでくれてありがとうございます。
どちらか1つクリックしてね!もちろん、2つクリックしても大丈夫!
あなたの応援クリックが私の更新の活動源です!

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
ランキング4
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございました!
質問・感想・お問い合せはお気軽にこちらからどうぞ。
お便り待っています☆
櫻子へメールする
原則24時間以内にお返事いたします。
相互リンクも募集中です!
コメント
非公開コメント

睡眠

おはようございます。

自分は発病当時は中途覚醒、早朝覚醒に悩まされました。
夜に寝れない→昼間に寝てしまう→また夜に寝れないの
悪循環でした。今は眠剤を服用していますが熟睡出来て
います。

ポチ☆

2015-04-12 08:15 | from kaion

Re: 睡眠

kaionさん
おはようございます(^^)
コメントありがとうございます!
私はずっと入眠困難と熟眠困難に悩まされていました。
今は、お互いぐっすりと眠ることができていいですね♪
眠れるようになって、睡眠は生きることだとより実感しています!

応援ありがとう♪

2015-04-12 10:46 | from 櫻子

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。