からだの病気からも「うつ病」になる可能性がある - 元うつ病・櫻子の「うつ&不眠」レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

からだの病気からも「うつ病」になる可能性がある

病院

うつ病とは無関係に思えるからだの病気も、うつ病を引き起こすことがります。

今日は、どのような病気がうつ病を招きやすいのか、というお話をしたいと思います。


▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

ホルモンや電解質の乱れがうつ病を引き起こす

体調がよくないと気分がふさぎこみ、病気が精神的なストレスとなって、うつ病になることがります。

しかし、今日お話するのは、病気が直接、からだのなかのバランスを崩すことで起こる可能性のあるうつ病についてです。

そのようなうつ病をまねく恐れのある代表的な病気の1つに「内分泌疾患」があります。

内分泌疾患にホルモンや電解質(ナトリウムなどのイオン)のバランスや、中枢神経系の情報伝達が混乱します。

すると、脳での情報の調節も乱れが生じ、気分の変調や意欲の低下、「欲」の異常などが現れるといわれています。

たとえば、甲状腺機能低下症候群では甲状腺ホルモンの減少、褐色細胞腫ではカテコールアミン(神経ホルモンの1種)の増加によって、うつ病が起こると考えられています。

糖や脂質の過剰、ビタミンの不足もうつ病の原因に

生活習慣病である糖尿病、高脂血圧など、代謝に異常を起こす「代謝疾患」もうつ病を引き起こすことがあります。

血液中の糖や脂質などが過剰になると、脳の神経細胞を変性させ、うつ病が起こると言われているのです。

このようにからだの病気でうつ病が起こったとしても『元気がないのは体調のせいだ』と本人や家族、主治医は思いがちです。

内科的治療を受けても、気力がわかない、意欲がでないなど、気分の変調が続く場合は、念の為に精神科の受診を考えてみたほうが良いかもしれませんね。

関連記事

ここまで読んでくれてありがとうございます。
どちらか1つクリックしてね!もちろん、2つクリックしても大丈夫!
あなたの応援クリックが私の更新の活動源です!

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
ランキング4
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございました!
質問・感想・お問い合せはお気軽にこちらからどうぞ。
お便り待っています☆
櫻子へメールする
原則24時間以内にお返事いたします。
相互リンクも募集中です!
コメント
非公開コメント

他の病気

おはようございます。

他の病気からうつ病を併発する事があるんですね。
初めて聞きました。
調子が悪いと内科に行きますよね。
でも原因判らずという時期が結構ありました。
まぁ結果はうつ病からくる不調だったんですけどね。

ポチ☆

2015-04-16 06:27 | from kaion

Re: 他の病気

kaionさん
おはようございます。
コメントありがとうございます(^^)

からだの病気からもうつ病になるんですよー。

そうそう、不調になったら内科に行って…
でも、不調の原因がわからず…
あの原因不明の不調の時期が1番辛かったように思います。

応援ありがとうございます♪

2015-04-16 10:05 | from 櫻子

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。