イライラのせいで人間関係がギクシャク。『怒り』の気持ちとどう付き合う?~2 - 元うつ病・櫻子の「うつ&不眠」レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

イライラのせいで人間関係がギクシャク。『怒り』の気持ちとどう付き合う?~2

人間関係

前回、イライラした感情は「怒り」になり、人間関係をギクシャクさせてしまうというお話をしました。

今日は、前回のお話の続きをしたいと思います。

イライラのせいで人間関係がギクシャク。『怒り』の気持ちとどう付き合う?①


▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

怒りは「悪い感情」なのか

怒りは、決して悪い感情ではありません。

喜怒哀楽というように、私たちのこころはいろいろな方向に振れるようになっています。

喜んだままでいることも、怒ることなく一生を過ごすことも、不自然なのです。

ところが、悩んでいる人の話を聞いていると、怒りの感情にフタをしてしまっていることがよくあります。それも、意識しないで、そうしてしまっていることが多いようです。

たとえば、親しい友人に、ちょっとした悩みを相談するメールを送ったとします。

それなのに、何日も返事がこないという場面を、ちょっと想像してみてください。

悩んでいる人たちは、よく『悲しくなる』といいます。

『相手はきっと自分のことなどどうでもよいと思っているのではないか』と考えて、落ち込んでしまうというのです。

でも、このような話を聞いていると、ちょっとだけ不思議な気がしてきます。

相談のメールを送ったのに、なかなか返事がないというというときには、相手に何か変わったことがことがあったのではないかと心配になるのではないでしょうか。

取り立てて事情があるわけでもなく、ただ返事が来ないとすれば、腹ただしくなってもいいと思います。

これまで親切にしてきた人であれば、なおさら腹が立つことでしょう。

こころが疲れているときには、そうした怒りの気持ちを感じる前に、自分を責めるモードに入ってしまいがちです。

自分が悪いと考えて、悲しくなったり落ち込んだりするのです。

でも、それでは問題は解決できません。不必要に怒りの気持ちを抑えると、つらくなります。

このように人間関係に問題が出そうになったときには、自分と相手、どちらかを一方的に責めても問題は解決できないのです。

では、どうしたら良いのか、自分も相手も責めないで、問題を解決する方法を考えてみましょう、次回お話したいと思います。

関連記事

ここまで読んでくれてありがとうございます。
どちらか1つクリックしてね!もちろん、2つクリックしても大丈夫!
あなたの応援クリックが私の更新の活動源です!

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
ランキング4
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございました!
質問・感想・お問い合せはお気軽にこちらからどうぞ。
お便り待っています☆
櫻子へメールする
原則24時間以内にお返事いたします。
相互リンクも募集中です!
コメント
非公開コメント

気になる

こんばんわ。

自分も相手も責めないで、問題を解決する方法…
気になります。自分の場合は自分も責めつつも
何で返事くれないんだと相手の事も責めてしまう
両方かもしれません。

ポチ☆

2015-04-21 18:01 | from kaion

Re: 気になる

kaionさん
こんばんは、コメントありがとうございます(^^)
魔法のように全てが解決するわけではありませんが
「怒り」をどのようにコントロールするのかを書いていきますね。

応援ありがとうございます(*´ω`*)

2015-04-21 20:06 | from 櫻子

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。