「怒り」をコントロールする4つのステップ~その2「やりすごす」方法 - 元うつ病・櫻子の「うつ&不眠」レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

「怒り」をコントロールする4つのステップ~その2「やりすごす」方法

「怒り」の感情をコントロールするには、自分が「怒り」を抱えていることに「気づく」ことが大切です。

次に大切なのは、怒りの感情を上手にやりすごすこと。

今日は、怒りの感情を上手にやりすごす方法をお話したいと思います。


▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

せっかく怒りの感情に気がつくことができても、怒りを抱えたまま行動したら、よいことは何もありません。

お互いの関係はぎくしゃくするだけで、やはり人間関係の悪循環に陥ってしまいます。

そこで、自分のこころの中で、怒りの感情をやわらげる手立てを考えることが大切になるのです。

その具体的な方法ですが、これには残念ながら特効薬はありません。

でも、じつは誰もが「自分なりの方法」をもう持っているのです。

少し腹がたったとき、あなたは自分を落ち着かせるためにどのような行動をとっていますか?

それが分かった場合は、その手立てを書き出しておくといいでしょう。

大きな感情に飲み込まれると、冷静になる方法、自分の落ち着かせ方を思い出すことができなくなるかもしれません。

ですから、できるだけ具体的にメモ帳などに書き出して、いざというときに見返すことで、気持ちをコントロールしやすくなるのです。

まだ自分なりの方法に気がついていない人のために、いくつかのアイデアをご紹介します。それほど難しいことではありません。

たとえば、深呼吸してみるだけでも、気持ちは落ち着いてくるはずです。

『いま自分は怒っているね』と静かに自分に声をかけてもいいでしょう。

その他に、そのとき自分にかけることができる言葉はないでしょうか。

あなたが怒りに飲み込まれそうになったときには、その言葉を思い出してみてください。

たとえ、あなたが耐えがたいほどの激しい怒りを感じていても、怒りの感情は次第に収まってきます。

もちろん、腹ただしい気持ちそのものは、そんなに簡単に消えるものではないでしょう。

でも、一時の激しさはなくなってきているはずです。

関連記事

ここまで読んでくれてありがとうございます。
どちらか1つクリックしてね!もちろん、2つクリックしても大丈夫!
あなたの応援クリックが私の更新の活動源です!

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
ランキング4
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございました!
質問・感想・お問い合せはお気軽にこちらからどうぞ。
お便り待っています☆
櫻子へメールする
原則24時間以内にお返事いたします。
相互リンクも募集中です!
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。