怒りをコントロールする4つのステップ~3「自分の考えを書き出してみる」 - 元うつ病・櫻子の「うつ&不眠」レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

怒りをコントロールする4つのステップ~3「自分の考えを書き出してみる」

怒りをコントロール

怒りの波に乗って上手にやり過ごすことができれば、こころの余裕がでてきます。

気持ちが落ち着いてきたところで、自分の心の中をちょっと振り返ってみましょう。


▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

怒りを感じたときに何を考えていたのか、振り返ってみるのです。

強い怒りを感じていたとき、どのような考え、つまり「自動思考」が頭に浮かんでいたでしょうか。⇒認知療法的、自動思考の「6つ」の特徴
それを書き出してみましょう。

腹が立っているときには、『ひどい』と考えていることが多いようです。

それはいま現在のこともありますし、過去に起こったことの場合もあります。
人に対してのこともあれば、会社などに対してのこともあります。

そのときの考えをことばにして、書き出してみるのです。

続けて、その『ひどい』と思った根拠を考えてみましょう。

あなたの気持ちを無視するような態度をとられたのかもしれません。

せっかく頑張ってやったことに、あら探しをするような言い方をされたのかもしれません。

それだけ腹が立った原因を、具体的に書きだすようにします。
あなたの怒りがどの程度現実にそっているのかを判断するのです。

そこまで書いたら、次に、自分で考えたこととは、食い違う事実を書き出します。 つまり、反証です。

本当に相手の人は、あなたの気持ちを「無視」したのでしょうか。

もともと、ちょっと乱暴な態度をとる人だったのではないでしょうか。

気持ちの表現が苦手な人なのかもしれません。

これはあくまで推測ですが、そうした事実はないでしょうか。

自分の推測が当たっている面も、当たっていない面もあります。

良いか悪いか、どちらかだけということもありません。

決めつけないで考えてみると、現実がいままで以上によく見えてきて、気持ちがラクになってきます。

関連記事

ここまで読んでくれてありがとうございます。
どちらか1つクリックしてね!もちろん、2つクリックしても大丈夫!
あなたの応援クリックが私の更新の活動源です!

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
ランキング4
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございました!
質問・感想・お問い合せはお気軽にこちらからどうぞ。
お便り待っています☆
櫻子へメールする
原則24時間以内にお返事いたします。
相互リンクも募集中です!
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。