うつ病とはどんな病気? - 元うつ病・櫻子の「うつ&不眠」レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

うつ病とはどんな病気?

15edbfea23122101b2429300b6f14fe0_s.jpg

私は、長年の「睡眠障害(不眠症)」により、ずっとこころとからだに負担がかかっていました。

ずっと頑張り続けた結果…からだを壊し「うつ病」と診断されました。

もしかして、ずっと不眠症だったのはうつのせいだったのかもしれません。

一般的にうつ病のイメージとは、精神的に弱い人がなる神経症みたないものだと思われがちです。

うつ病はこころの風邪とよく言われますが、それは違います。

今日は、うつ病についてお話したいと思います。


▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

うつ病とはストレスにより脳内の神経伝達物質の働きが悪くなることによって起こります。

脳内の神経伝達物質「セロトニン」と「ノルアドレナリン」が減ってしまう病気だと考えられています。

また、脳がエネルギーを使い果たし、オーバーヒートを起こしていると状態だとも言えます。

脳が上手く働いてくれないので、ものの見方が否定的になったり、自分が駄目な人間だと感じてしまいます。

そのために普通の状態なら気にならないストレスも、よりつらく感じられ、悪循環が起きます。

眠れない、食欲が無い、1日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しくないといったことが続いているなら「うつ病」の可能性があります。

「うつ病」は100人のうち3~7人いる

現在、日本では100人に3~7人がうつ病を経験したことがあると、厚生労働省の患者調査で明らかになりました。

その調査では、うつ病を含む気分障害の患者が急速に増えているともあります。

私の会社でもコンプライアンスの関係で、「うつ病に気をつけよう!」など「うつ病チェック」の用紙が配られたりしていました。

うつ病の認識が広まって、受診する機会が増えているのも、急速に増えているという調査結果の背景にあるのではないかと思います。

うつ病の診断には多くの確認が必要

「うつうつとした気分」が一日中あり、それが長期間続くというのは代表的なうつの症状だといえます。

このような症状がある場合、うつ病と診断されることが多いです。

しかし、実際は症状1つでうつ病と診断されることはありません。

性格、生活環境、ほかの病気やそれまでに服用していた薬などが関係している場合があります。

躁状態(そうじょうたい)や軽躁状態(けいそうじょうたい)などを経験したことがあるか。

総合失調症など他の精神的疾患を持っていて、うつ状態はその症状の1つであったりする場合があります。

正しい「うつ病」の診断は、うつ病がどのようなタイプであるか、他の精神疾患はないかなどを確認することが大切なのです。

自分のうつ病と他人のうつ病は違うもの

うつ病の治療方法は、1人ひとり違います

それは、今まで生きてきた生活環境、家族構成、性格などが違うからです。

カウンセリングなど必要とする人がいれば、必要でない人。

休職を必要とする人、そうでない人。

うつ病の治療をひとくくりに考えるのではなく、うつ病にもいろいろあって、治療方法も1人ひとり違うことは、当たり前のことなのです。

関連記事

ここまで読んでくれてありがとうございます。
どちらか1つクリックしてね!もちろん、2つクリックしても大丈夫!
あなたの応援クリックが私の更新の活動源です!

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
ランキング4
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございました!
質問・感想・お問い合せはお気軽にこちらからどうぞ。
お便り待っています☆
櫻子へメールする
原則24時間以内にお返事いたします。
相互リンクも募集中です!
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。