双極性障害(躁うつ病)とは? - 元うつ病・櫻子の「うつ&不眠」レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

双極性障害(躁うつ病)とは?

xIsiRLngSRWN02yA2BbK_submission-photo-7.jpg

うつ病だと思って通院していても、急に調子がよくなって活発になる時期はありませんか?

そのような場合がある場合は、双極性障害(躁うつ病)かもしれません。

今日は双極性障害(躁うつ病)についてお話したいと思います。


▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

私は、うつ病という診断を受けたあと、双極性障害(躁うつ病)に診断が変わりました。

精神科医でも発見するのが難しい病気の1つなのです。

双極性障害(躁うつ病)とは?

双極性障害(躁うつ病)は躁うつ病と言われるだけに、うつ病の1種だと誤解されていますが、実は全く違う病気なのです。

双極性障害(躁うつ病)は、躁状態うつ状態繰り返す病気です。

躁状態とうつ状態は両極端な状態です。

その極端な状態を行ったり来たりするのが、双極性障害(躁うつ病)なのです。

厚生労働省によると、日本に双極性障害(躁うつ病)を経験した人は1000人に4~7人いると言われています。

双極性障害(躁うつ病)にはⅠ型とⅡ型がある。


双極性障害Ⅰ型

思い躁状態とうつ状態を繰り返します。

躁がとてもはっきりしていて症状が重いのが特徴です。

典型的な躁状態とうつ状態が現れます。

気分が高ぶっていろいろな人に話しかけたり、全く眠らずにいたり。

高額な買い物をしたり、ギャンブルに全財産をつぎ込んだり、社会的信用や財産、職を失ったりするような激しい状態になることもあります。

人間関係や金銭的なトラブルの種になるような事が多いです。

双極性障害Ⅱ型

軽躁状態とうつ状態を繰り返します。

開放的な気分が4日以上続くのが1つの基準となっています。

本人は調子が良いと感じていますので、なかなか問題には気が付きません。

周りから見ても、いつもよりハイテンションだなというぐらいにしか見えません。

精神科医でも発見が難しく、多くの場合がうつ病と診断されることが多いです。

躁状態は本人の自覚がない。

躁状態はとても気分が良く本人の自覚がありません。

そのためにうつ状態の時は病院に行くのですが、躁状態の時は通院自体を止めてしまうことがあります。

私がそうでした。

躁状態の時に通院を止めて、うつ状態になっても途中で通院を止めたことを注意されるのが嫌で通院を中断。

2年ほど自宅に引きこもって苦しんでいました。

本当は双極性障害(躁うつ病)であるのに、うつ病と診断されている人は少なくなりません。

うつ病の治療をしていても治らない人は双極性障害(躁うつ病)だったという人もいます。

うつ状態から躁転して、私のように双極性障害(躁うつ病)になる人もいます。

日頃の様子や気分の波を自覚し、躁状態に気がつくことがとても大切なのです。

関連記事

ここまで読んでくれてありがとうございます。
どちらか1つクリックしてね!もちろん、2つクリックしても大丈夫!
あなたの応援クリックが私の更新の活動源です!

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
ランキング4
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございました!
質問・感想・お問い合せはお気軽にこちらからどうぞ。
お便り待っています☆
櫻子へメールする
原則24時間以内にお返事いたします。
相互リンクも募集中です!
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。