躁うつチェック「双極性障害(躁うつ病)のサインと症状、治療方法」 - 元うつ病・櫻子の「うつ&不眠」レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

躁うつチェック「双極性障害(躁うつ病)のサインと症状、治療方法」

wVlfnlTbRtK8eGvbnBZI_VolkanOlmez_005.jpg

私はうつ病だと診断され、自分でも躁状態の自覚はありませんでした。

躁状態の時は、気分が良いので本人の自覚はありませんし、双極性Ⅱ型だと周りも気が付きにくいものなのです。

双極性障害(躁うつ病)のサインや症状とはどのようなものなのでしょうか?

今日は、双極性障害躁うつ病)のサインや症状についてお話したいと思います。


▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

双極性障害(躁うつ病)のサインと症状


躁状態のサイン

  • 睡眠時間が2時間以上少なくても平気
  • 眠らなくても元気で活動を続けられる
  • 人の意見や助言に耳を傾けない
  • 話し続けたり、普段より多弁になる
  • 次々にアイデアが浮かぶが、それらをやり遂げることが少ない
  • 根拠の無い自信に満ち溢れている
  • 買い物やギャンブルに多額のお金をつぎ込む
  • 初対面の人に対してもやたらと声をかける
  • 性的に奔放になる

私は、学生時代から睡眠時間が極端に少なく、夜もあまり眠ることはありませんでした。

週末に寝溜めすれば、平気だったのです。

そして、それを不眠症のせいだと思っていたのです。

次々と良いアイデアが浮かぶけれど、それは全て頭のなかだけで、実行に移すことはほとんどありませんでした。

買い物やギャンブルに多額のお金をつぎ込んだことはありませんが、細かいものを大量に一気に買う癖はありました。

私の場合、双極性Ⅰ型ではなく、双極性Ⅱ型なのであまり激しいものはありませんが、躁状態が酷い時は、人間関係すら壊してしまうこともありました。

例えば、相手の都合など考えずに夜中に電話をしまくったり…。

もし、あなたやあなたの周りの人双極性障害のサインや兆候が見られたら、是非専門家へ受診を、また受診を薦めてみてください。

双極性障害(躁うつ病)の治療方法

双極性障害(躁うつ病)の治療方法は基本的に2つの方法があります。

  • 薬物療法
  • 精神療法

精神療法とは、いわゆるカウンセリングとは違います。認知療法ともいいます。

本人が病気を知り、それを受け入れ、自覚し、コントロールできるように援助していく療法です。

生活のリズムの乱れなどを記録し、その乱れを修正していくことになります。

また、双極性障害は完治したとしても、再発の可能性がとても高い病気です。

再発しないように予防も徹底してするべきだと思います。

関連記事

ここまで読んでくれてありがとうございます。
どちらか1つクリックしてね!もちろん、2つクリックしても大丈夫!
あなたの応援クリックが私の更新の活動源です!

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
ランキング4
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございました!
質問・感想・お問い合せはお気軽にこちらからどうぞ。
お便り待っています☆
櫻子へメールする
原則24時間以内にお返事いたします。
相互リンクも募集中です!
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。