ツルンとした素肌をつくるのが「キメ」 - 元うつ病・櫻子の「うつ&不眠」レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

ツルンとした素肌をつくるのが「キメ」

37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s.jpg

肌のしくみがわかると、もっともっと肌はきれいになるはず!

肌ってどうなっていると思いますか?

私は、スキンケアをしていても肌のしくみについて、あまり考えたことがなかったです。

まずは、肌の「しくみ」を知ることが美肌への第一歩!

今日は、肌のしくみ「キメ」についてお話したいと思います。

ツルンとした陶器肌って憧れますー!


▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

肌表面にある網目模様が、規則正しいのが「素肌」

手の甲を見てみると、網目模様のような凹凸があるのがわかります。

肌には、細かく溝が走っていて、三角形や四角形の模様が浮き出て見えます。

この溝が肌溝(ひこう)、三角形などの模様部分が皮丘と呼ばれています。

この模様がくっきりと貴族正しく並んでいて、三角形や視覚系のひとつひとつが小さい肌は、キメが整っている肌です。

模様がキレイに並ぶと、肌表面がツルンとして見えるだけでなく、透明感が増すといううれしい効果もあります!

さらに、多くの光を取り込んで反射してくれるので、キラキラと輝いてみえたり、ファンデーションのノリがよくなったりなどの効果もあります。

キメの細やかさはなんで決まる?

「キメが細かいほど肌は美しい」

そんな言葉を耳にしたことはないでしょうか?

キメが細かい肌とは、どのような状態なのでしょう。

それは皮溝(ひこう)が深くて細く、はっきりしている場合のこと。

肌表面の質感がなめらかなのが特徴です。

一方、皮溝(ひこう)が浅く広くなると、ふぞろいになります。

皮溝(ひこう)と皮溝の交差点にある毛穴が大きくなると、肌表面はザラっとして、キメが荒い状態になります。

布地でもキメの細かい絹はなめらかですが、荒い麻の布はザラッとしていますよね。

肌も同じことのようです。

キメの細やかさは、遺伝もありますが、もともと日本人は、欧米人に比べてキメが細かい方なのだそうです。

 

いかがでしょうか?

キメは肌の奥から肌の再生リズムを反映します。

だから、化粧品だけでは手っ取り早く整えることはできないようです。

だから、からだの内側からのケアで、肌の代謝を上げることが肝心なのですね。

関連記事

ここまで読んでくれてありがとうございます。
どちらか1つクリックしてね!もちろん、2つクリックしても大丈夫!
あなたの応援クリックが私の更新の活動源です!

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
ランキング4
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございました!
質問・感想・お問い合せはお気軽にこちらからどうぞ。
お便り待っています☆
櫻子へメールする
原則24時間以内にお返事いたします。
相互リンクも募集中です!
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。