快眠してる人は知っている「人は体温が急激に○○すると眠くなる」 - 元うつ病・櫻子の「うつ&不眠」レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

快眠してる人は知っている「人は体温が急激に○○すると眠くなる」

dog-220749_640.jpg

眠るのに「力」が必要です。いわゆる「睡眠力」というものです。

人は眠るときに、からだの一部がラジエーターのようになります。

今日は、眠るときに、私たちのからだにいったい何が起こっているのかをお話したいと思います。


▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

「疲れてエネルギーが切れるから、人は眠る」というようなイメージを持っているかもしれませんが、実は眠るのにもエネルギーが必要です。

そのため、人は年齢を重ねるごとにドンドン眠ることができなくなります。

自然に任せていると、睡眠の質はどんどん悪くなっていきます。

睡眠の「質」を高めるためにも、睡眠の知識を知っておいたほうが良いでしょう。

人は眠るときに急激に体温が下がる

人は基本的に夜眠くなりますが、実はそのときに、人の体温は大きく変化しています。

人は眠るときに、体温が1℃ぐらい急激に下がります。

これは脳からの指令がでているためです。

体温が高いところから、低いところに急激に落ちると、人は眠くなるようになっています。

つまり、体温の差が大きいと、人は眠くなるのです。

冷たい血液を流して、体温を急激に下げることで、人のからだは眠りに入っていくのです。

からだを循環した血液は当然、温度が高くなるので、この血液をどこかで冷やして循環させなければ、体温を下げることができません。

どこかで血液を冷やし、体温を下げなければ、人は眠りに入ることができないのです。

眠るためにはどこで血液を冷やせばいいの?

cat-319699_640.jpg

その答えは「手足」です。

なぜ手足なのかというと、手足は他のからだの部分に比べて皮膚が薄いからです。

薄いということは、それだけ外の空気に触れやすいということなので、体温を下げるのには最適です。

手足の末端に血液が流れ、外の空気の影響を受けて血液の温度が下がります。

その冷たくなった血液を再度、からだに循環させることで、人は体温をさげているのです。

「もうそろそろ寝よう」と思ったときに「なんだか手足が熱いな」と思ったことはありませんか?

それは、脳からの指令がでて、からだの温度を下げようと、温度の高い血液が手足に集まってきているからです。

いかがでしょうか?

このように人は「手足」がラジエーターのような役割を果たすことで、体温を急激に下げ、眠りに入ることができるのです。

関連記事

ここまで読んでくれてありがとうございます。
どちらか1つクリックしてね!もちろん、2つクリックしても大丈夫!
あなたの応援クリックが私の更新の活動源です!

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
ランキング4
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございました!
質問・感想・お問い合せはお気軽にこちらからどうぞ。
お便り待っています☆
櫻子へメールする
原則24時間以内にお返事いたします。
相互リンクも募集中です!
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。