「線維芽細胞増殖」の秘訣をしれば、ハリと弾力が手に入る!? - 元うつ病・櫻子の「うつ&不眠」レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

「線維芽細胞増殖」の秘訣をしれば、ハリと弾力が手に入る!?

af788cb12466a214d6cd36e1068ecf84_s.jpg

美の無限大は、宇宙的!!

今日もはりきって、重力と年齢に逆らっていきます!

今日は、肌の「若さを保つ」しくみをお話したいと思います。

アンチエイジングに欠かせない、『あの』お話ですよ。

そうだ、線維芽細胞を元気にしよう!


▶ランキング激戦区で頑張ってます!応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

真皮を生み出す母「線維芽細胞」ってなに?

水分を除いた真皮の細胞の約70%は、コラーゲンという線維で占められています。

このコラーゲンと連携しているのが、もう1つの線維であるエラスチンです。

そして、コラーゲンとエラスチンの間を隙間なく埋めているのが、ヒアルロン酸などのゼリー状の物質なんですね。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などは、真皮を構成している成分を生み出し、母のような役割を果たしているのが「線維芽細胞」です。

シワ・たるみ予防のカギは線維芽細胞にある

若いうちはパーンとしたハリのある肌がキープできるのは、線維芽細胞が順調にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを順調に生み出しているからなんです。

しかし、年齢とともに線維芽細胞は、減ったり、働きが衰えたりするそうです。

そのため、歳を重ねるごとに、ハリや弾力がなくなってきたなぁと実感するのです。

実感した時には、もうすでに真皮内で線維芽細胞が衰えている証拠!

すなわち、コラーゲン、エラスチンやヒアルロン酸などを生み出す能力が低下しているということです。

さらに!紫外線酸化糖化などの影響によっても、コラーゲン、エラスチンが変成してしまい、シワやたるみの原因になるそうです。

いかがでしょうか?

しっかりとしたハリや弾力をキープするためにには、日頃からきちんとした紫外線対策をしたり、線維芽細胞を元気にするアンチエイジング化粧品を使ったりして、予防ケアを行うことがとても大切ってことがわかりますね。

アンチエイジンケアのカギは「線維芽細胞」を元気にすること!

線維芽細胞の活力をアップさせて、いつまでもハリと弾力のある肌を目指しましょう!

関連記事

ここまで読んでくれてありがとうございます。
どちらか1つクリックしてね!もちろん、2つクリックしても大丈夫!
あなたの応援クリックが私の更新の活動源です!

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
ランキング4
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございました!
質問・感想・お問い合せはお気軽にこちらからどうぞ。
お便り待っています☆
櫻子へメールする
原則24時間以内にお返事いたします。
相互リンクも募集中です!
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。